業許可の手続き

化粧品は薬事法などで様々な規制があります。

化粧品を元売りとして市場に流通させたり、化粧品を製造するためには、その業態に応じた業許可が必要です。

化粧品の業許可は、以下の2種類です。

それぞれのページで許可の概要を把握し、許可要件等の詳細をご確認下さい。

化粧品として販売するには化粧品基準を満たすものでなければなりません。配合されている成分によっては、医薬品や医薬部外品としなければなりません。また、ラベル表示や広告についても規制があります。

化粧品の許可を取って化粧品を製造したり、輸入したり、メーカーとなって市場に流通させようとお考えの方は、まず、当ウェブサイトのまずはじめにのそれぞれのページから、ご確認下さい。

eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ